• English
  • Franch
  • アクセス

ホテルイベント

ホテルイベント

ランチタイムコンサート

アグネスホテルがお贈りする午後のひととき

【時間】 12:30~13:00(開場12:00) ※途中入退場は曲間のみ可
【会場】 B1F アグネスホール
【主催・お問い合わせ】 アグネスホテル東京(ランチタイムコンサート事務局)TEL : 03-3267-5548
【企画】 東音企画(アグネスランチタイムコンサート係)TEL : 03-3944-1581
【後援】 社団法人全日本ピアノ指導者協会


※お席につきましては、開場から先着順での自由席となります。

※12:00~12:30の開演前のお時間に、ホワイエにてお飲物の販売をしております。
(コンサート会場内へのお持込はできません)
※ご来場者多数の場合は入場を制限する場合もございますので予めご了承ください。
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
※演奏中無断での撮影・録音、およびご飲食はお断りしております。

未就学児童(乳幼児)のご入場不可とさせていただきます。


第151回 2017/10/18(wed)
『ジャンルを越えた俊英トリオが魅せる圧巻のステージ!』

【牧山純子(ジャズヴァイオリン)】
東京都出身。 3歳からピアノ、4歳よりヴァイオリンを始め、海野義雄、大谷康子に師事する。武蔵野音楽大学卒業後フランスで研鑽を積み、帰国後ソリストとして新宿オペラシティ、草月ホール等多数コンサートに出演。 2002年バークリー音楽大学に入学しジャズヴァイオリンを専攻する。在学中にデイビッド・フォスターやスティーブン・タイラー(エアロスミス)とも共演。 2002年NHK紅白歌合戦(平井堅「大きな古時計」)ではアメリカから衛星生中継で出演した。コンサート「トリビュート・トゥ・ガーシュイン」にてゲイリー・バートンと共演。ピアニスト小曽根真に師事。 03年3月String Department Achievement Award受賞。その年4月にリサイタルを開催し上原ひろみと、また6月にはニューヨーク、カーネギーホールにてバークリーストリングスオーケストラの一員としてチャーリー・ヘイデン、マイケル・ブレッカー、ケニー・バロンらと共演。9月アメリカより帰国し、小椋佳コンサート「デジャヴー ~赤のあとさき~」、「未熟の晩鐘」全国ツアーにソロヴァイオリニストとして、小曽根真&山形交響楽団シンフォニックジャズ・コンサートに参加。 2007年11月、インディーズレーベルより『ポートレイト・オブ・ニューヨーク』を発売。 2008年、雑誌『男の隠れ家』の10月1日発売のコンピレーション、ジャズ・クラシック、ボサ・ノヴァの2タイトルにも各1曲ずつ参加。 同年11月19日ポニーキャニオンより自身のアルバム『ミストラル』でメジャーデビュー!! 翌09年にはフジTV系月9の人気ドラマ「BUZZER BEAT~崖っぷちのヒーロー~」の音楽を担当。ドラマのメインテーマ「彼女の夏」をボーナストラックで収録した2ndアルバム『リベルタ』を11月に発売。 そして12年2月には東日本大震災のチャリティープロジェクトとして自主制作のミニアルバム『Preghiera〜祈り〜』をライブ会場限定で発売し、売上げの一部を東北に届けている。 また14年6月にはFride Prideリーダー横田明紀男(gt)プロデュースによるアルバム『月虹』を4年半ぶりにリリース。 発売記念ライブをビルボードライブ大阪、名古屋ブルーノート、マウントレーニアホールシブヤ プレジャープレジャーを始め全国で開催し好評を博す。また多くの日本のジャズフェスティバルに参加し、10月には自身初の台湾公演も成功をおさめた。 ジャズシーンのみならずテレビ・情報ライブ『ミヤネ屋』のコメンテーターやバックメーカー キプリス フライヤーズスタイルのアンバサダーを務める。 16年2月には自身初の著書「ジャズとエロス 〜ヴァイオリニストの音楽レシピ〜」(PHP新書)を上梓。Amazon音楽−本部門で1位を獲得した。 6月には中央ヨーロッパの風光明媚なスロベニア共和国にて独立25周年記念のコンサートにゲスト出演。現地のアーティストとコラボしオリジナル曲を初披露。好評を得る。 また同年、麻倉未稀の35周年記念アルバムに楽曲提供。湯川れい子の作詞により収録。 現在、全国で自身のライブ、テレビ、ラジオ、レコーディング、コンサート等、ジャズ、ポップス、クラシックとジャンルを問わず精力的にマルチな活動を継続中。
★公式ホームページ http://www.junkomakiyama.com/

【高橋美千子(ソプラノ)】
東京都出身。東京藝術大学卒業後、アンサンブル・プラネタとしてポニーキャニオンよりCDデビュー、以後5年間、専属アーティストとして活動。ルネサンスから現代音楽委嘱作品、ヨーロッパ民謡など、幅広いレパートリーを持つ。 古楽への造詣を深めるべく2009年渡仏、 イェール市立音楽院、パリ市立高等音楽院古楽科で研鑽を積む傍ら、フランスでの演奏活動を本格的に始める。A・メロン、H・クルック、I・プルナールに師事。バロックオペラでは、モンテヴェルディ『オルフェオ』、パーセル『妖 精の女王』、ラモー『優雅なインドの国々』『プラテ』、ボワモルティエ『公爵夫人家のドン・キホーテ』などに出演、高い演技力と圧倒的な存在感を評価される。宗教曲ソリストとして、ヘンデル、バッハの受難曲やカンタータをはじめ、古楽作品のあらゆる時代や国、スタイルを心得た的確な歌唱と表現力、透明感のある歌声は日本のみならずフランスでも数々の指揮者から信頼を受けており、アンブロネやボーヌといったフランスの古楽音楽祭にも度々招かれている。録音は、アンサンブル・プラネタで6枚のCDをリリース(Pony Canyon)、海外では『ポルポラ/少女聖歌隊のための宗教合唱曲集』(Ambronay Label)、『ド・ブッセ/宗教カンタータ集』(Brillant Classics)、17世紀ドイツバロック集『Ferveur, Louange et Passion』(Paraty-Harmonia Mundi)。昨年ストラディヴァリアと共演し、ヴェルサイユで録音された『マダン/テ・デウム』が今年6月に発売。パリ在住。

【関根彰良(ギター)】
1978年千葉県生まれ。 幼少の頃よりクラシックピアノを始める。 12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。 東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。 クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。 2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。 2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla,Ramón Amador各氏に師事。 これまでに"FUZZ JAZZ”、"SOLITARY PHASE"、"WET & DRY"の3枚のアルバムをリリースしている。
★公式ホームページ http://akirasekine.com/


<プログラム(※予定)>

・未定


スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記のQRコードを読み取りアクセスができます。