• English
  • Franch
  • アクセス

ホテルイベント

【平野玲音(チェロ)】
チェリストの両親のもと東京に生まれ、9歳よりチェロを始める。山崎伸子女史、藤原真理女史に師事する傍ら、東京大学で美学芸術学を専攻し、同大学院表象文化論コース修士課程修了。02年よりウィーンに留学、ウィーン・フィルのG. イーベラー氏に師事、ウィーン国立音大で室内楽をM. フェルナンデス女史、J. マイスル氏に師事。S. イッサーリス、G. クルターク、A. ビルスマ各氏のマスタークラスを受講。 03年東京で、皇太子、皇太子妃両殿下の御前リサイタル。04年オーストリア国際室内楽フェスティヴァル「アレグロ・ヴィーヴォ」賞を受賞、ホルスト・エーベンヘーの演奏は作曲家自身の賛辞を得、ラジオÖ1で全国放送される。05年国際夏期アカデミー「プラハ‐ウィーン‐ブダペスト」でアルティス賞ならびにジーメンス・ウィーン古典派賞(弦楽四重奏第1位)を受賞。 ソロ、室内楽で、ウィーンのコンツェルトハウスを始めヨーロッパ各地で活躍し、一時帰国してNHK-FM「名曲リサイタル」、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、トッパンホール「ランチタイムコンサート」等に出演。2011年よりシリーズ公演"Reine pur"(レイネ プーア)を開催。バーデン・バイ・ヴィーンのモーツァルト週間やベートーヴェン・ターゲ、「オストフリースラント夏の音楽祭」といった音楽祭に招聘され、マスタークラスで後進の指導にも当たっている。E. メルクス氏率いる「カペラ・アカデミカ・ウィーン」のメンバー、東京―ウィーン弦楽四重奏団団員。 深みのある美しい音色と、ウィーン仕込みの自然な解釈が、聴き手を純粋な「音楽の享受」へと誘い出す。異色の経歴を活かし、作品の歴史的・文化的背景を汲み取ろうとする真摯な姿勢は、独自のストーリー性を持ったプログラミングにも表れている。フックスやアイネムなどの“知られざる名曲”を次々と本邦初演し、チェロの新たな地平を切り開いている。 06年ロンドン・東京でリサイタルを開くと共にCD「レイネ デビュー」をリリース。2枚目のCD「赤いはりねずみ――ウィーンのブラームスと仲間たち」は第7回TYサポート・プログラムの支援を受け、2010年より好評発売中。また冊子『百味』に、ウィーンの音楽と食にまつわる軽妙なエッセイを連載、多才な一面をのぞかせている。
★ファンクラブ公式サイト http://reine-h.com/ 

【村本麻里子(ピアノ)】
兵庫県出身。兵庫県立西宮高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。ベルリン・ハンスアイスラー音楽大学を経て、ドイツ国立シュトゥットガルト音楽大学卒業。 これまでに、鈴江美子、故片岡みどり、小林仁、クラウス ベースラー、コンラート リヒターの各氏に師事。 帰国後、神戸学院グリーンフェスティバルにおいてソロリサイタルを行うなどソロ活動の他、室内楽奏者としても、声楽や管弦楽器など様々な楽器奏者と共演している。 2010年より始めた「ベートーヴェン室内楽シリーズ」では、ヴァイオリンソナタ、チェロソナタの全曲演奏に挑戦中。(全9回中6回終了) 2011年8月、ドイツ・ブレーメン(於:ザンクト・シュテファン教会)で「歌の慰め」と題した歌とピアノによるコンサートを行い現地新聞でも取り上げられた。 2012年より地元所沢で「ブランチコンサート」を主宰し、既に10回、自身のソロや室内楽コンサートを開催している。 昨年秋には、ドイツ・ベルリン交響楽団ヴィオラ奏者のエファ・ホラーブール氏をゲストに迎え、オランダの作曲家L.スミットの作品を取り上げるなど、 多彩なプログラミングを展開している。


<プログラム>

・ベートーヴェン:「魔笛」の主題による7つの変奏曲
・ラフマニノフ:ヴォカリーズ
・ロンベルク:オーストリア民謡によるディヴェルティメント
・カタルーニャ民謡:鳥の歌


スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記のQRコードを読み取りアクセスができます。