• English
  • Franch
  • アクセス

ホテルイベント

第117回 2014/12/17(wed)
『クリスマスに贈る、音楽の花束』

【永井公美子(ヴァイオリン)】
1983年、東京に生まれる。多くの国内コンクールで入賞した後、1999年、第4回レオポルドモーツァルト国際コンクールでForderpramie賞受賞。2002年、第23回ミケランジェロ・アバド国際コンクールで優勝。2003年、ドイツにて国立フランクフルト交響楽団と共演。2004年、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトに参加。クレモナのAccademia Wqlter Staufferの特別奨学生に選ばれサルヴァトーレ・アッカルド氏の下で研鑽を積む事が決まる。2005年桐朋学園大学卒業、ギジアーナ音楽院にて特別賞を受賞。2007年 Miedzynarodowego Konkurso Syrzypcowegoで特別賞を受賞。 現在ドイツ・ハノーファー音楽演劇大学に在学中。これまで天満敦子、辰巳明子、ヘルマン・クレバース各氏に師事。現在はサルバトーレ・アッカルド、クリストフ・ヴェグジン両氏に師事している。
★公式サイト http://www.kumikonagai.com/

【水野由紀(チェロ)】
9歳よりチェロを始める。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を経て、現在同大学研究科に在籍。 これまでに宮崎国際音楽祭、サントリーホール23周年記念ガラ・コンサート、学内試験優秀者による桐朋学園大学室内楽演奏会、 サイトウ・ キネン・フェスティバル松本「青少年のためのオペラ」、小澤征爾音楽塾オーケストラ、横浜みなとみらいホール・シルヴェスターコンサート、 JT アートホール室内楽シリーズ等、数々のコンサートに出演。 2011年、リニューアルした銀座ヤマハホール1周年記念イベントとして、「三村奈々恵&水野由紀 Special Concert」に出演。霧島国際音楽祭に奨学生として参加。 2012年、飯森範親指揮・山形交響楽団と共演、好評を博す。 同年、テビュー CD「Yuki Mizuno」(オクタヴィア・レコート )をリリースし、 ヤマハ銀座コンサートサロンにおいてリリース記念リサイタルも開催。 2013年11月、2ndアルバム『シューベルト:アルペジオーネ・ソナタ、ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ 他』をリリース。 これまでにチェロを堤剛氏、菊地知也氏に、室内楽を徳永二男氏、藤井一興氏に師事。
★公式サイト http://www.1002.co.jp/yukimizuno/

【浅川真己子(ピアノ)】
桐朋学園「子供のための音楽教室」、桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。ショパン国際フェスティバル「ショパンフェスティバル」第1位、ショパン賞及び特別賞受賞をはじめ、数々のコンクールで受賞多数。第3回浜松国際ピアノアカデミーを中村紘子音楽監督のもと修了のほか、第15回横浜市招待国際ピアノ演奏会、特別オーディションに選ばれるなど国内外の音楽祭に参加、修了演奏会に出演。また、ニューヨークシンフォニックアンサンブル、神奈川フィルハーモニー管弦楽団との共演や、NHK交響楽団や読売日本交響楽団、新日本フィルなどの首席奏者や教授、著名な音楽家との共演多数。リサイタルやNHK-FM「名曲リサイタル」、NHKテレビ連続小説「純情きらり」、日本テレビ「未来創造堂」、学内成績優秀者による演奏会、荻窪音楽祭、アグネスホテルランチタイムコンサート、丸ビル35コンサート、新丸ビルアトリウムコンサート、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭、丸の内トラストシティコンサート、東京国際フォーラム ホールAにて「NewClassicGiginJapan」、豪華客船のメインショーなどに出演。また、丸の内ビルディングにて「丸ビル35コンサート」の日曜日レギュラーピアニストとなり、二年間トークコンサートを行う。これまでに今泉紀子、加藤伸佳、渡辺健二、ディーナヨッフェ、室内楽を藤井一興、故・ゴールドベルク山根美代子の各氏に師事。現在、桐朋学園大学嘱託演奏員。学内試験や演奏会、学外のリサイタル、演奏会、コンクール、オーディション、マスタークラス、の伴奏者としても幅広く活躍している。
★公式サイト http://www.makikoasakawa.jp/


<プログラム>

・ブラームス:ピアノ三重奏曲 第1番 より 第1楽章
・エルガー:愛の挨拶
・シューベルト:アヴェマリア
・マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ
・チャイコフスキー:花のワルツ
<アンコール>バッハ:G線上のアリア


スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記のQRコードを読み取りアクセスができます。