• English
  • Franch
  • アクセス

ホテルイベント

第144回 2017/3/22(wed)
『次代を担う若手トップ奏者のカルテット!ピティナ特級グランプリが共演!』

【鈴木舞(ヴァイオリン)】
東京芸術大学附属高校、同大学卒業後、ローザンヌとザルツブルグで研鑽を積む。 2005年大阪国際コンクールグランプリ、2006年日本音楽コンクール第二位、2007年チャイコフスキー国際コンクール最年少セミファイナリスト。 2013年ヴァツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール(クロアチア)で第一位、オーケストラ賞。オルフェウス室内楽コンクール(スイス)第一位。 2016年5月にロシアのウファで開かれた第1回スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクールで第二位に入賞。 これにより来シーズンにロシア ナショナル フィルとメンデルスゾーンの協奏曲を共演することが決まった。 将来を嘱望される新世代のヴァイオリニストとして、2012年度シャネル・ピグマリオンデイズ・アーティストに選ばれた。 これまでに読響、東響、日本フィル、ホーフ響(ドイツ)、モラヴィアフィル(チェコ)、ザグレブフィル(クロアチア)、クオピオ響(フィンランド)、 ローザンヌ室内管(スイス)等、内外のオーケストラと共演を重ねるほか、各地で室内楽やリサイタルに招かれている。 2012、13年度、文化庁芸術家在外派遣研修員。2015、16年度、公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション奨学生。 使用楽器は1683年製のニコロ・アマティ。
★公式ホームページ https://maiviolin.com/







【伊藤亜美(ヴァイオリン)】
3歳より叔母山下真澄の手ほどきによりヴァイオリンを始める。父の転勤で6歳より2年間スイスに在住、ハビブ・カヤレイ氏に師事。帰国後、石井志都子氏に師事。 東京藝術大学附属高校、同大学音楽学部にて澤和樹、ジェラール・プーレ、オレグ・クリサの各氏に師事、安宅賞、アカンサス賞、同声会賞を受賞し卒業。 スイス・ローザンヌ高等音楽院にてピエール・アモイヤル氏に、イギリス・王立北音楽院、グラーツ芸術大学にてヤイル・クレスに師事。 ロームミュージックファンデーション、明治安田クオリティオブライフ奨学生。 2008年、第11回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位。2009年、第78回日本音楽コンクール第1位、聴衆賞(岩谷賞)ほか受賞。 2011年、第2回RNCMマンチェスター国際ヴァイオリンコンクール第1位、委嘱課題曲最優秀演奏賞。 2013年、第12回カール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール第2位。 これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団、 仙台フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団、ジュール交響楽団などのオーケストラと共演。 また国内のみならず、イギリス、スイス、セルビア、韓国、中国等でもリサイタルを開催。 2014年2月に初のソロ・CD「French Romanticism」をリリース。「豊かで多彩な音色と滑らかな技巧で多様な人間感情を投影(タワーレコード)」など好評を博し、 「CD屋さんが選ぶ『クラシックCDアワード 2014』」に選出される。 2016年よりアーティスト名を『尾池亜美』から『伊藤亜美』に変更。 バッハとバルトークの無伴奏作品をウィーンの教会で録音したCD「A」をリリース。レコード芸術誌特選盤に選ばれる。
★公式ホームページ https://www.amiito.com/


【田原綾子(ヴィオラ)】
神奈川県出身。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学4年在学中。 第11回東京音楽コンクール弦楽部門第1位及び聴衆賞。第9回ルーマニア国際音楽コンクール弦楽器部門第1位併せて全部門最優秀賞、ルーマニア国立ラジオ局賞を受賞。 JTが育てるアンサンブルシリーズ、今井信子推薦による大阪ザ・フェニックスホール演奏会、宮崎国際音楽祭、武生国際音楽祭、 シャネル・ピグマリオン・デイズ 室内楽シリーズ、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」、国際音楽祭NIPPON等に出演。 現代音楽作品の発表では、平義久没後10周年記念演奏会、三瀬和朗作品の夕べ、桐朋学園作曲家作品展などに出演。 韓国GMMFS、プロジェクトQ、ヴィオラスペース、小澤国際室内楽アカデミー奥志賀、ゆらぎの里ヴィオラマスタークラス、カザルス音楽祭、京都フランスアカデミー等で研鑽を積む。 読売日本交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。2015年度宗次エンジェル基金奨学生、2015、2016年度ロームミュージックファンデーション奨学生。 これまでに橋本都恵、井上淑子、鈴木康浩、室内楽を原田幸一郎、毛利伯郎、三上桂子、藤井一興、山崎伸子、磯村和英の各氏より指導を受け、 現在、岡田伸夫、藤原浜雄の各氏に師事。







【森田啓佑(チェロ)】
埼玉県出身。3才より佐藤明氏の下でチェロを始める。2007年泉の森ジュニアチェロコンクール小学生の部にて最年少で金賞、12年同コンクール中学生の部でも金賞を受賞。 13年桐朋女子高等学校音楽科に特待生として入学。14年全日本学生音楽コンクール1位、日本音楽コンクール1位、徳永賞、黒柳賞、岩谷賞(聴衆賞)を受賞。 これまでに東京フィルハーモニー交響楽団との共演をはじめ、NHKホール「クラシック大好き~N響メンバーと新進演奏家の出会い」、 横須賀芸術劇場「フレッシュ・アーティスツfromヨコスカ」、白寿ホール「向山佳絵子&長谷川陽子プロデュースチェロ・コレクション」、王子ホール「宮田大ism」等へ出演。 桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマ・コース1年在学中、倉田澄子、常光聡、宮田大、諸田由里子の各氏に師事。宗次エンジェル基金/日本演奏連盟奨学生。 使用楽器は故齋藤秀雄氏愛用の1746年製「テストーレ」。












【尾崎未空(ピアノ)】
1996年千葉県出身。市原中央高校卒業。現在、昭和音楽大学3年。 2008年、エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール(ドイツ)第5位。 2009年、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA中学生部門アジア大会金賞。 浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位およびモスト・プロミシング・アーティスト受賞。この年に、めぐろパーシモンホールにて初めてのソロ・リサイタル開催。 2010年、ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級金賞。いしかわミュージックアカデミーIMA音楽賞。2011年e-Pianoジュニアコンペティション(アメリカ)第4位。第5回福田靖子賞選考会優秀賞。 2012年、モスクワ国際青少年フレデリック・ショパン・コンクール(ロシア)第3位。 2014年、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA プロフェッショナル部門アジア大会金賞。ルービンシュタイン国際ピアノコンクール(イスラエル)セミファイナリスト。 2016年、浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位。第40回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、文部科学大臣賞。 これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、リトアニア国立交響楽団、ミネソタ管弦楽団、 ポーランドクラクフ室内管弦楽団、ポ─ランド・シレジア管弦楽団等と共演。国内外にて多くの演奏会に出演。 昭和音楽大学ピアノ演奏家コース3年、同附属ピアノアートアカデミー在籍。江口文子氏に師事。


<プログラム>

・ベートーヴェン : ヴァイオリン・ソナタ 第5番「春」 ヘ長調 Op.24より
<第1楽章> アレグロ
・シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 Op.44より
<第1楽章> アレグロ・ブリランテ
<第3楽章> スケルツォ:モルト・ヴィヴァーチェ
<第4楽章> アレグロ・マ・ノン・トロッポ


スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記のQRコードを読み取りアクセスができます。