• English
  • Franch
  • アクセス

ホテルイベント

第149回 2017/8/16(wed)
『日伊コンコルソ第1位!二期会『蝶々夫人』主演デビューを飾る新星テノール』

【宮里直樹(テノール)】
東京都出身。東京藝術大学声楽科入学、同大学首席卒業。卒業時に大賀典雄賞、松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。同大学大学院音楽研究科修士課程声楽(オペラ)専攻修了。 2014年度明治安田クオリティオブライフ文化財団の海外音楽研修生としてウィーンへ渡欧、ウィーン国立音楽大学オペラ科にて2年間学ぶ。2015年度ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生。 声楽を市村香枝、藤澤佑一、多田羅迪夫、ラルフ・デーリング、アルフレード・ブルクシュタッラーの各氏に師事。 これまでに秋山和慶、小泉和裕、小林研一郎、尾高忠明など著名指揮者のもとNHK交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団を始め国内主要オーケストラと共演。 オペラでは佐藤眞作曲コンサートオペラ『ディオニュゾス』初演にてキツを務める。『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ、『ラ・ボエーム』ロドルフォ、『ランスへの旅』リーベンスコフ伯爵、『ファルスタッフ』フェントン等に出演。2016年4月藤原歌劇団公演オペラ『愛の妙薬』ネモリーノにて出演。2017年6月、NISSAY OPERA 2017『ラ・ボエーム』ロドルフォで主演予定。 コンサートではヘンデル「メサイア」、バッハ「マニフィカト」、「ロ短調ミサ」、モーツァルト「戴冠ミサ」、メンデルスゾーン「聖パウロ」、交響曲第二番「讃歌」、ベートーヴェン「第九」、ヴェルディ「レクイエム」、ドヴォルザーク「スターバトマーテル」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」等で活躍しており、2016年12月、東京フィル「第九」のソリストとしても高い評価を得た。第23回リッカルド・ザンドナーイコンコルソ第2位。 第48回日伊声楽コンコルソ第1位。五十嵐喜芳賞、歌曲賞受賞。 第10回東京音楽コンクール声楽部門 第2位(1位なし)。同時に聴衆賞受賞。 第62回全日本学生音楽コンクール声楽部門大学一般の部全国大会第2位。同時に横浜市民賞受賞。 第29回ソレイユ音楽コンクール第1位 音楽現代新人賞受賞。 第14回長江杯国際音楽コンクール声楽部門大学の部第1位 中国駐大阪総領事賞受賞。 第28回アジア国際音楽コンサートにて金賞 テノール特別賞受賞。2017年10月東京二期会『蝶々夫人』にてピンカートン役で二期会オペラデビュー。二期会会員
★公式ホームページ http://naokimiyasato.com/

【水野彰子(ピアノ)】
愛知県名古屋市出身。3歳よりピアノを始める。愛知県立明和高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。同大学院修士課程音楽研究科器楽専攻室内楽研究分野を首席で修了。修了時に大学院アカンサス音楽賞を受賞。 室内楽ピアニスト、声楽伴奏・合唱伴奏ピアニストとして活動している。 ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン2015出演。2016年、2017年宮崎国際音楽祭出演予定。いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭2017出演予定。 harmonia ensembleやその他合唱のCDレコーディングに参加。FM-NHK「リサイタル・ノヴァ」にてテノール歌手宮里直樹氏と共演、テレビ朝日「題名のない音楽会」にてヴァイオリニストの徳永二男氏、三浦文彰氏と共演。これまでに多くのオペラ歌手や弦楽器奏者、管楽器奏者と共演している。 BS-TBS「日本名曲アルバム」にピアニストとして出演中。 新国立劇場合唱団の稽古、公演ピアニスト。 これまでにピアノを志賀紀子、アレクサンダー・セメツキー、西川秀人、江口玲の各氏に師事。室内楽を西谷牧人、有森博、小池郁江、迫昭嘉、東誠三、坂井千春、松原勝也、江口玲の各氏に師事。


<プログラム>

・ドニゼッティ『愛の妙薬』より「なんて、美しい」「人知れぬ涙」
・マスネ『ウェルテル』より「春風よ 何故私を目覚めさせるのか」
・チャイコフスキー『エフゲニー・オネーギン』より「わが青春のときは遠く過ぎ去り」
・ヴェルディ『リゴレット』より「女心の歌」

<アンコール>
・「オー・ソレ・ミオ」


スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記のQRコードを読み取りアクセスができます。