• English
  • Franch
  • アクセス

ホテルイベント

ホテルイベント

ランチタイムコンサート

アグネスホテルがお贈りする午後のひととき

【時間】 12:30~13:00(開場12:00) ※途中入退場は曲間のみ可
【会場】 B1F アグネスホール
【主催・お問い合わせ】 アグネスホテル東京(ランチタイムコンサート事務局)TEL : 03-3267-5548
【企画】 東音企画(アグネスランチタイムコンサート係)TEL : 03-3944-1581
【後援】 社団法人全日本ピアノ指導者協会


※お席につきましては、開場から先着順での自由席となります。

※ご来場者多数の場合はお立見、または入場を制限する場合もございますので予めご了承ください。
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
※演奏中無断での撮影・録音、およびご飲食はお断りしております。
未就学児童(乳幼児)のご入場不可とさせていただきます。


第165回 2018/12/19(wed)
『急遽決定!アメリカの伝統、ゴスペルカルテット
ニューヨーク・ゴスペル・ブラザーズ (The New York Gospel Brothers)』

<ニューヨーク・ゴスペル・ブラザーズ  The New York Gospel Brothers>
ブロードウェイ・ミュージカル「ガーシュウィン:ポーギーとべス」のクラウン役でトニー賞ベスト・ミュージカル・アクターにノミネートされた実力派シンガー、フィリップ・ボイキン率いるゴスペル・カルテット。 「ビッグ・リバー」、「エイント・ミスビヘイヴン」、「ウィズ」、「カラー・パープル」など数々の著名なブロードウェイ・ミュージカル制作にかかわる伝説の重鎮ディレクター、リンダ・トゥワインが監修。 アカペラやピアノ伴奏によるシンプルなアレンジで、黒人霊歌、ゴスペルを中心に、ジャズやブルース、R&Bなどブラック・ミュージック全般を、美しいハーモニーと圧倒的歌唱力で歌い上げる。 アメリカの伝統、ゴスペル・カルテットの歴史を受け継ぐ正統派グループである。

【フィリップ・L. ボイキン(音楽監督/バスバリトン)Phillip L. Boykin, Music Director/Bassbaritone】
2012年トニー賞最再優秀再演作品賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル「ポーギーとベス」のクラウン役で、トニー賞、ドラマ・デスク賞、アウター・クリティックス・サークル賞にノミネート、また「鮮烈なブロードウェイ・デビューを飾った!」としてシアター・ワールド賞、ニューイングランド・アワード国際批評家賞を受賞。これまでに、「ショウ・ボート」(ジョー)、「エイント・ミスビヘイヴン」(“ファッツ”・ウォーラー)、「ポーギーとべス」(クラウン、ジェイク)、「ルクレツィアの凌辱」(タルクィニクス)、「ジーザス・クライスト・スーパースター」(大祭司カヤパ)、「コジ・ファン・トゥッテ」(ドン・アルフォンソ)、「スモーキー・ジョーズ・カフェ」(フレッド)、「ペンザンスの海賊」(海賊王/サミュエル)などに出演。2013年リンカーンセンターにおける、ミュージカル「ラグタイム」上演15周年記念コンサートでは、ブッカー・T.ワシントン役で出演したほか、同ホールで行われたステファン・シュワルツ作のオペラ「雨の日の降霊祭」では、探偵ワッツ役で出演している。最新のブロードウェイでの出演は、2015年トニー賞再演作品賞ノミネートの「オン・ザ・タウン」。 キューバ・グッデイングJr.とシャロン・リール主演の「Freedom」やクリス・ロック監督・主演の「トップ・ファイブ」など映画出演も多数。2016年3月、ジョン・オボイル監督の「Easter Mysteries」では、大司祭カヤパ役で出演している。また、ハーレム・ゴスペル・シンガーズのソリスト兼アシスタント・コーラス・マスターとしてヨーロッパツアーに参加。ニューヨーク・ハーレム・シンガーズのメンバーとして、北米、韓国、日本、中国、メキシコなどでもツアーを行うなど、ゴスペル・シンガーとして国際的に活躍。 サウスカロライナ州グリーンビル出身。ハートフォードズ・ハート音楽学校で学士号を、ハワード大学で修士号を取得。
★公式HP http://www.phillipboykin.com/

【ゲイリー・ミッチェル Jr.  Gary Mitchell Jr.(ピアノ/バスバリトン)】

【マーリーン・M.ウィリフォード Marlin M. Williford(テノール)】

【ダンテ・L.ハレル Dante L. Harrell(テノール)】


<プログラム>

※未定


第166回 2019/1/16(wed)
『フランス歌曲とオペラの午後』

【金見美佳(ソプラノ)】
福岡県柳川市出身。 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院修士課程独唱科修了。 飯塚新人音楽コンクール第3位。西日本国際音楽コンクール、西日本新聞社賞(声楽の部第1位)及び聴衆賞受賞。日仏音楽協会=関西主催フランス音楽コンクール第3位。二期会マスタークラス修了時に最優秀賞及び川崎静子賞を受賞。 オペラでは、『カルメン』フラスキータでデビュー。『こうもり』オルロフスキー侯爵、『魔笛』パミーナ、『フィガロの結婚』伯爵夫人、『シモン・ボッカネグラ』アメーリア、『ラ・ボエーム』ムゼッタ役等で出演。宗教曲では、フォーレ〈レクイエム〉、モーツァルト〈レクイエム〉のソリストを務める。 日本演奏連盟主催の「オーケストラシリーズ」にて九州交響楽団と共演。二期会会員。

【高木由雅(ピアニスト)】
福岡県出身。東京藝術大学ピアノ科専攻卒業。第33回全日本学生音楽コンク-ル西部大会高校の部第1位。第3回全九州高等学校音楽祭独唱部門銅賞受賞。第6回10代の音楽家のための音楽会に出演。東京文化会館推薦音楽会ピアノ部門に入選、同演奏会出演。西日本新人音楽会出演。第9回及び第10回奏楽堂日本歌曲コンクール優秀共演者賞受賞。ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番及び、リスト・ピアノ協奏曲第1番をオ-ケストラと共演。現在、東京藝術大学非常勤講師、二期会ピアニスト、日本フォーレ協会、日本演奏連盟会員。


<プログラム(予定)>

・アーン 「クロリスに」
・フォーレ「月の光」
・フォーレ「夢のあとに」
・プーランク「C」
・マスネ 『エロディアード』より 「彼は優しく、美しい」


スマートフォンサイトからもご予約が可能です。上記のQRコードを読み取りアクセスができます。